ベランダにやってくる鳩の対策をしたいならココ

鳥の進入を防ぐためには

ハト

巣を作られたくないなら

空を飛べる鳩はどこでもお構いなしに巣を作りますが、その対象がベランダとなると、人間はとても迷惑を被ってしまいます。人間を脅威と感じていないのか、一度追い払っても、またベランダに戻ってきますので鳩はかなり厄介な鳥といえるでしょう。鳩による被害を減らすには、対策が重要となります。対策法にも様々なものがありますが、手っ取り早く対策を行なう方法には網を使用するとよいでしょう。ベランダに鳩が入る隙間がないよう網を張り巡らせれば、鳩がベランダに近づくことができなくなるため、被害が減り快適な空間へと戻りますので、安心して洗濯などに活用できます。しかし、網を張るのは素人では難しいため、鳩対策を得意としているサービス会社の利用を考えましょう。素人の対策では効果がないこともあるため、鳩の生態をしっかりと把握しているプロの技を借りたほうが良いのです。

設置は危険な作業

鳩の進入禁止に使う網は様々なところで購入ができるため、自分で張れば費用をそれほどかけずに対策ができると考える方もいるかもしれません。確かに、自分で設置できるのならば一番良いのでしょうが、問題なのはベランダが必ず高所にあるということです。網を設置する場合には鳩が入り込む隙間が一切できないようにするため、高所での危険な作業を行なうことになります。仕事などで高所での作業に慣れているのならば別ですが、そうでなければかなりの危険を伴いますので、専門の業者に設置してもらったほうが安全です。特にマンションなどで高めの階層に住んでいる場合は、決して自分で行なおうとはせずに、身の安全を考えて業者に任せることをお勧めします。

家に潜む害獣対策

ネズミ駆除で大切なことは、ご家庭の事情に合った正しい駆除の仕方を見つけることです。そして、ネズミが住みやすいスペースを絶対に作らないように家の隙間をふさぎ、余分なものを捨て清潔を心がけた生活を送ることが大切です

プロのサービスと費用

専門業者に依頼することで漏電火災を防ぐこともできます。ねずみが原因で起こる火災は多く、軽く考えることはできません。また、ねずみ駆除を依頼する時は契約の前に見積もりを依頼することが大切です。見積もりを出して貰い、適正価格で充実したサービスを提供してくれるところを選びましょう。

危険な巣の対処法

蜂の巣には蜂や蚊用のピレスロイド系殺虫剤が効果的で、駆除開始は日没から1時間後ぐらいを目安に行います。巣から3〜5メートル離れたところから殺虫剤を噴射しますが、巣の真下は蜂が落ちてきて危険ですから真下に立たないように注意して行いましょう。